ヒアルロン酸注射の効果と費用 ダウンタイムは?

ヒアルロン酸注射

40歳を過ぎて目立ってくるほうれい線や小じわを簡単に改善する方法として、ヒアルロン酸注射をうける女性が増えています。

シワを改善する治療では、ボトックス注射がよく知られていますが、ヒアルロン酸注射とはシワを改善する仕組みが違います。

ヒアルロン酸注射とボトックス注射には、つぎのような違いがあります。

  • ヒアルロン酸注射
    ー気になる部分の真皮の内側にヒアルロン酸を注入して、ボリュームアップ効果により、シワやほうれい線を目立たなくします。
  • ボトックス注射
    ーボツリヌス菌が作り出す毒素を含有した筋弛緩作用がある薬剤を、緊張している筋肉に注入し、その筋肉をリラックスさせてシワを改善します。
どちらも即効性はありますが、施術の効果は、ボトックス注射では通常3~6ヶ月程度、一般的なヒアルロン酸注射では6ヶ月前後と言われます。

効果の持続期間には個人差がありますが、いずれにしても効果が薄れてきたら、再度施術が必要になります。

ヒアルロン酸注射が人気の理由 デメリットが安心に!?

ヒアルロン酸注射について、東京SクリニックのHPでは、人気の理由としてつぎのようなポイントを挙げています。

  • ダウンタイムが少ない治療
  • 注射による跡が残らない処置
  • 処置直後に効果を実感できる
  • 手軽な料金のプチシワ取り

ヒアルロン酸そのものは、もともと体内にある成分なので、時間経過によって、少しづつ体内に吸収されていきます。

ヒアルロン酸が体内に吸収されていくため、一般的に、ヒアルロン酸注射の効果が長くても1年ていどしか続かないわけですが、このことが逆にヒアルロン酸注射の安心感にもつながっています。

ダウンタイムが少なく注射の跡が残らない

Sクリニックでは、ヒアルロン酸は時間とともに少しづつ体内に吸収されていくので、ダウンタイムが少ないと説明しています。

しかし、ヒアルロン酸を注射器によって注入するわけですから、施術直後に注射痕は残ります。東京南青山のタカミクリニックでは、つぎのように案内しています。

稀に小さな腫れや内出血は起こり得ますが、コンシーラーでカバーできないほどの内出血が出る可能性は非常に低いため、ご安心ください。ほとんどの患者様がコンシーラーでカバーすることが可能です。万が一腫れや内出血が出た場合、腫れは2~3日程度、色みが出てしまった場合は1週間~10日前後で吸収されて無くなります。カバーするメイク方法もお伝えしていますので、ご安心ください。

ヒアルロン酸注射の傷跡は、基本的には注射の針穴だけですから、多くのクリニックが、施術直後からのメイクが可能で、シャワーや入浴、運動について問題がないとしています。

しかし、激しい運動、入浴やサウナは避けなければなりません。

また、注射後2~3日は、むくみやすくなりますから、飲酒はしないほうがいいでしょう。

たまに針を刺した跡が内出血することがありますが、コンシーラーで隠すことができる程度で、術後2週間程度で消えるそうです。

処置直後に効果を実感できる

ヒアルロン酸注射の治療時間は、約5~10分くらいです。注射したらすぐに効果を実感できるのがメリットです。

万一、腫れた場合でも2~3日程度でひき、色味が出ても1週間~10日で無くなりますが、その間コンシーラーなどで十分隠すことができますから、処置直後から普通の生活ができると考えていいようです。

手軽な料金のプチしわ取り

ヒアルロン酸注射は、手軽な料金でプチシワ取りができるのが人気です。

じつは、ヒアルロン酸注射で使用されるヒアルロン酸にはさまざまな種類がありますが、普通のヒアルロン酸では効果が6ヶ月程度、高品質のヒアルロン酸では2年ぐらい効果が持続するようです。

施術する部位によって選択することができますし、安価でできるボトックス注射との併用も考えられます。

料金は、普通のヒアルロン酸であれば、1ccあたり3万円ですが、高品質のものは1ccあたり7万円~10万円以上しますから、使用量に応じて治療料金もかなり変わります。

ヒアルロン酸注射1本1ccでもそれなりに効果はありますが、部位によっては周辺の土台とのバランスを考えないと、シワだけが改善しても不自然な感じになってしまうことも。

神奈川県横浜市・センススキンクリニックのHPから、おもな部位についていくつかを紹介します。

施術部位 ヒアルロン酸(cc) 価格(税抜)
0.5~3cc 60,000円~
眉間 0.2~0.5cc 60,000円~
目の下のくぼみ(クマ) 0.4~2cc 80,000円~
目尻のしわ  0.2~0.6cc 60,000円~
ほうれい線 0.4~1cc 80,000円~
首のしわ  0.6~2cc 100,000円~

参考:センススキンクリニック 美容皮膚科HP 料金プラン

一人ひとりのシワの本数や症状には、かなりの違いがありますから、実際の料金はカウンセリング後に決定することになります。

顔全体のバランスを考えながら施術する場合、他のクリニックのケースですが、8~20本程度使用する例もあります。

施術ミスの心配がほとんど無い

ヒアルロン酸を入れすぎると、パッツンパッツンになって、いかにも整形した雰囲気になってしまうことがあります。

また、薄い層に入れすぎて不自然に膨らんでしまうことがあるようですが、ヒアルロン酸は溶かすことができますから安心です。

額への注入で気になる場合、眉ペンなどの丸い軸で注入範囲を転がすように伸ばすときれいになるそうです。

いずれにしても、ヒアルロン酸注射の効果は最長でも2年程度で、ヒアルロン酸が少しづつ体内に吸収されていきますから、施術ミスを考える必要は無いと考えていいかと思います。

施術の効果が永続的でないことが、逆に、安心して治療を受けることができる理由にもなっています。

ヒアルロン酸が血管内(動脈)に注入されると、血管を詰まらせ皮膚が壊死してしまうリスクがあるため、このリスクがある部位への注入をおこなわないクリニックもあります。

まとめ:日常のスキンケアが大事

ヒアルロン酸注射の効果については、多くの美容クリニックで施術ビフォーアフターの画像を紹介しています。

物理的な治療ですから、確実な改善が期待できますが、シワの状態によっては、治療費は高額になります。

また、治療を継続する必要があることなどを考えると、普段からのスキンケアで、お肌を健康な状態に保っておいたほうがよさそうです。

もし、半年後にヒアルロン酸注射による治療をおこなうとしても、費用負担が少なくてすむかもしれません。

線維芽細胞にはたらく美容ドリンク