「オメガ3脂肪酸」肌への効能は?食品だけで・・

オメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸とのバランス オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸は、必須脂肪酸として摂取の目安量が設定されています。

さまざまな食品に含まれていますが、意識して摂らないと不足しがちな栄養素です。

体内でつくることができないので、外部からの摂取が欠かせません。

NHK「あさイチ」2020.1.8で、オメガ3が特集されましたが、番組の解説者で麻布大学・守口徹教授も、サプリメントでの摂取を推奨していました。

オメガ3脂肪酸は、血液をサラサラにする働きがあり、心筋梗塞や脳梗塞の原因になる動脈硬化に効果がありますが、実際にオメガ3脂肪酸を摂っている人は、肌の変化を感じることが多いようです。

血流の改善によって、肌質が変化したと考えられます。

線維芽細胞への直接的な働きは不明ですが、スキンケアのヒントにしてもらいたいと思います。

「オメガ3脂肪酸」はお肌にも効果がある?

オメガ3脂肪酸が体に良いことはわかっていても、普段の食事で意識して摂っている人は少ないようです。

マイナビウーマンの調査でも、オメガ3脂肪酸を「意識して摂取している」と答えた女性は、わずかに6.4%。

注目されている栄養素でも、食事でバランスよく摂取するのが、いかに難しいかが分かります。

”動脈硬化への効果”と言われても、健康そうな女性にはあまり関心が無いのかも。

でも、”お肌の状態が変わった”という方も多いようですから、スキンケアの栄養素としても注目したいところです。

「オメガ3脂肪酸」2週間ぐらいで肌にも変化が!?

NHK「あさイチ」で紹介された女性の場合、2週間ぐらいで肌に変化を感じることができたようです。

血行がよくなったことで、冷え性や乾燥肌が改善したということでしょう。

また、マイナビウーマンでは、オメガ3脂肪酸を意識して摂取している女性から、体感についてアンケート調査をおこなっています。

以下は、その一部を抜粋したものです。

お肌がきれいになっている気がする
21歳

肌の荒れがましになった気がする。花粉症もましになったような。
34歳

オメガ3脂肪酸の働きによって、血行が良くなりますから、皮膚の毛細血管の血流が改善し、肌質にも変化が起こると考えられます。

オメガ3脂肪酸が多い食品

NHK「あさイチ」で紹介されたオメガ3脂肪酸を含む食品と、その100gあたりの含有量を抜粋してみました。

●サンマ 3,780mg
●サバ 2,120mg
●サーモン 1,590mg
●イワシ 2,100mg
●いくら 4,700mg
●タラコ 1,190mg
●あん肝 7,680mg
●カキ 290mg
●くるみ 8,960mg
●エゴマ油 58,310mg
●アマニ油 56,630mg
●しそ油 60,000mg

普段の食生活を考えると、食べていそうな気もしますが、実際の摂取量は足りていないのが実情。

妊娠中の女性は特に不足しがち

とくに、妊娠中や出産期の女性では、赤ちゃんへの栄養補給のために、母体のオメガ3脂肪酸が不足しがちになります。

”産後うつ”の症状は、オメガ3脂肪酸の不足によるものと言われています。

女性のカラダは、”血のめぐり”が大きく関係していますから、意識してオメガ3脂肪酸を摂取したほうがいいようです。

オメガ3配合のサプリメント

サプリメントによる摂取も効果的

サプリメントをきらう方も少なくありません。しかし、NHK「あさイチ」の解説者・守口教授は、サプリメントによる摂取を推奨しています。

それだけ、通常の食生活では不足しがち、ということです。

ちなみに、日本人の食事摂取基準(2015年)では、オメガ3脂肪酸の摂取目安量は、次のようになっています。

オメガ3脂肪酸・摂取目安量

また、EPA(エイコサペンタエン酸)およびDHA(ドコサヘキサエン酸)については、1日1g以上摂取することが望まれています。

◎「EPA」と「DHA」について
EPAとDHA、どちらもオメガ3脂肪酸の一種です。
代表的なオメガ3系脂肪酸に、「α-リノレン酸」がありますが、このα-リノレン酸が体内に入ってから代謝されて、一部がEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)になります。

オメガ3配合のサプリメント

オメガ6脂肪酸との関係

オメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸とのバランス

オメガ6脂肪酸も、オメガ3と同じく必須脂肪酸です。

しかし、摂り過ぎると動脈硬化になるなど、オメガ3と逆の働きがあるのが特徴です。

厚生労働省では、18歳以上の成人の場合、7~11g摂取するのが望ましとしていますが、普段の食事で過剰摂取になりがちな栄養素。

そのため、オメガ3との適度な摂取バランスが推奨されています。

「日本人の食事摂取基準(2015)」によれば、そのバランスは以下のとおりです。

オメガ3:オメガ6=1:4

お肌ケアを考えて、「オメガ3」のほかに、サラブレッドの高濃度プラセンタを配合したサプリメントがあります。

それが、「マスタープラセンタ+オメガ-3」です。

肌のハリが気になってきた方には、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。回数縛りがなくて特別価格なのもおススメです。

オメガ3配合のサプリメント

「オメガ3脂肪酸」線維芽細胞への働きは?

「オメガ3脂肪酸」は、線維芽細胞への働きについての情報は確認できませんでした。

しかし、線維芽細胞に必要な美容成分や栄養素を届けるのは、皮膚の毛細血管です。

毛細血管が元気でなければ、美容ドリンクに配合されている線維芽細胞にはたらく成分が、十分生かされないことに。

線維芽細胞にはたらく美容ドリンク

タイトルとURLをコピーしました