<ゴースト血管>症状は30代から!スキンケアにも・・・ヒハツの働きは?

ヒハツ ヒハツ

年齢とともに、肌悩みが多くなりますが、その原因の一つが「ゴースト血管」。

ゴースト血管は、血流が悪くなって機能を停止した毛細血管のこと。

毛細血管は細くてたくさんあるから、少しぐらい機能停止しても大丈夫、なんて思っていたら大間違い。

ほおっておくと、シワやたるみ、冷え性やむくみなどの症状が出るだけでなく、動脈硬化、認知症など、重大な病気の原因になるので要注意!

「ヒハツ」は血管を修復すると言われますが、毛細血管へのはたらきを知ることで、さらに効果的なスキンケアができそうです。

<ゴースト血管>修復ヒハツで修復するそのメカニズム

ゴースト血管って、”自覚症状がないからどのようにケアすればいいのかわからない”、という方も多いと思います。

でも、シミ・シワなどの肌トラブルは、ゴースト血管、つまり毛細血管のゴースト化が原因。

毛細血管の働きが悪くなると、皮膚の細胞へ十分な栄養をとどかなくなり、ターンオーバーのサイクルが乱れることで、シミやシワなどの症状となって表れます。

全身の細胞に必要な栄養は、血液によって運ばれますが、その血液をすみずみの細胞まで届けるのが毛細血管の役割。

シミやシワが増えてきたら、ゴースト血管が増えてきたと考えていいようです。

ヒハツの働きを知るには、毛細血管のことを知っておく必要がありますので、簡単に説明します。

血管の99%は毛細血管

体中のすべての血管の長さは、約10万㎞と言われています。

地球1周が約4万㎞ですから、約地球2周半することになりますが、実に99%が毛細血管です。

心臓から送り出される血液は、動脈を通って全身へ送られ、静脈から心臓へ戻りますが、その動脈と静脈の間をつないでいるのが、毛細血管です。

毛細血管がゴースト化すると、血液の循環が滞り、冷え性やむくみの原因にもなります。

若いときには、10万㎞もの長さがある毛細血管ですが、年齢とともにどんどん減少し、20歳をピークに、60歳では約40%が失われると言われます。

つまり、細胞の40%は、十分な栄養を受けられないことになります。細胞そのものの機能が失われ、これが”老化”のはじまりに。

ゴースト血管のうちなら回復できるけど・・・

血液が流れないゴースト血管は、そのままではやがて消えてしまいます。

一度、消失した毛細血管は、元へもどらないと言われますから、まだゴーストのうちにケアするのがポイント!

20代、30代の若いときからのケアは、高齢になってから、大きな個人差になって肌に表れます。肌のハリやツヤが維持され、若々しいのは、毛細血管が元気な証拠です。

ゴースト血管の改善は日常生活にポイント?

ゴースト血管は、初期段階なら機能回復ができますが、睡眠不足やストレス、運動不足などで、全身へ送られる血液の量が少ないと、最終的には消滅してしまいます。

また、脂質や糖質の多い食事、食べ過ぎも、ゴースト血管を増やす原因になります。

日常の生活習慣や食生活を改善するだけでも、ゴースト血管を増やすのを防ぐことができますが、定期的な運動や規則正しい生活を毎日続けるのは、なかなか大変です。

それができるぐらいなら、とっくに”冷え性”や”むくみ”も改善しているかも・・・。

内皮細胞の「Tie2」のはたらきが悪いと毛細血管が・・・

毛細血管は、外側にある「壁細胞」と内側の「内皮細胞」の2層構造になっています。

この2層構造をくっつけているのが、内皮細胞にあるTie2(タイツー)です。ちょうど、接着剤みたいなはたらきをしています。

Tie2(タイツー)のはたらきが悪いと、壁細胞と内皮細胞の間にすきまができるため、大切な血液や栄養素が漏れ出してしまいます。

これが、”むくみ”や毛細血管の老化の原因になります。

むくみにケアするサプリメントはこちら

Tie2にはたらく「ヒハツ」とは

ヒハツ

Tie2にはたらくと言われるのが、コショウ科の植物「ヒハツ」で、沖縄では”ピパーチ”の名前で香辛料として使われています。

ウィキペディアによれば、アーユルヴェーダの書物では、ヒハツは最も強力な薬草の一つに数えられ、長寿を促すものとされているとのこと。

ヒハツの成分は、Tie2にはたらきかけて、毛細血管の「壁細胞」と「内皮細胞」を安定させ、大切な血液や栄養分が漏れるのを防いでくれるのです。

女性のめぐりに働くサプリメントにヒハツが配合されているのも、この作用を活かすため。

毛細血管が元気になることが、体中の細胞を元気にすることにつながるわけです。

ヒハツを配合したサプリメントはこちら

ゴースト血管だと美容成分もムダになる?

ゴースト血管だと、さまざまな栄養素を細胞へ送ることができません。

もちろん、どんなに高価な美容成分が配合されたものだとしても・・・。年齢だけじゃなく、人によって美容ドリンクの効果が違うのは、毛細血管が原因かも。

三大美容成分と言われる「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」は、線維芽細胞だけがつくることができると言われますが、毛細血管にも、コラーゲンを作り出すはたらきがあるとの説も。

美容成分をしっかり配合した美容ドリンクも、ゴースト血管だと、その効果が半減どころか、ムダに?

線維芽細胞にはたらく美容ドリンク

美容ドリンクの秘密 ー なぜ線維芽細胞なの?
お肌のハリ・ツヤ・弾力の違いは、年齢じゃなくて線維芽細胞のはたらきに秘密!? 皮膚の三大美容成分「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」をつくりだすのは、線維芽細胞だけのしごとです。 皮膚の真皮層にある線維芽細胞は、お肌の外側からだ...
タイトルとURLをコピーしました