線維芽細胞にはたらくビタミン!これが足りないと・・・

ビタミンC

ビタミンCが足りないと、コラーゲンをいくら食べても無駄に!

ビタミンCは、とっても重要なビタミンです。
昔は、カゼの予防効果があるとも言われましたが、迷信だったようです。

でも、体調を整えるには不可欠なので、結果としてカゼの予防になると言われても、不思議じゃありませんね。

ビタミンCが、コラーゲンの合成にも必要な栄養素であることは、あまり知られていません。

お肌もキレイになると信じて、外食では、味よりも“コラーゲン優先!”、なんて方いらっしゃいませんか。

鶏の皮、手羽先、豚足、軟骨、牛スジ、牛テール、豚バラ肉、牛、豚、鶏の骨、あんこう、スッポン、フカヒレ、エイヒレ、魚の皮、エビ、くらげ、うなぎ、なまこ、カレイ、など

コラーゲン食材を挙げたら、キリがありません。

デザート系では、ゼリー、プリン、杏仁豆腐など。

それほど意識しなくても、普段の食事や間食で、結構摂取してそうなアイテムがずらり。

コラーゲン食品に共通しているのは、カロリーが高いということでしょうか。

ダイエットでカロリー制限すると、コラーゲンの摂取が不足、なんてことになるかもしれません。

カロリーを無視すれば、いくらでもコラーゲンは摂取できますが、そのままコラーゲンとして、体の細胞に届くわけではありません。

ラーゲンは、口から取り込まれ、胃で擦りつぶされ、消化酵素でアミノ酸に分解されてから腸で吸収されます。つまり、コラーゲンそのもののかたちで体内に吸収されるわけではないのです。

一度アミノ酸に分解されてから、皮膚の繊維芽細胞によって、再びコラーゲンに合成されます。

この繊維細胞がコラーゲンを合成するときに必要になるのが、ビタミンCです。

ビタミンCが無ければ、コラーゲンをいくら食べても、皮膚のハリや弾力の役にたちません。

<ドクターズコスメ浸透型>ビタミンC美容液

コラーゲンは、様々な組織を作るもとになる成分です。

骨や血管にも多く含まれていて、体重53kgの平均的な日本女性の場合、体内のコラーゲンは約3kgにもなるそうです。

皮膚は、コラーゲンが70%を占めると言われていますから、皮膚の繊維芽細胞のはたらきを良くして、コラーゲンに合成できるような栄養バランスを考えることが必要です。

ビタミンCは、普段の食生活から摂れているように思っている方も多いと思います。

しかし、食生活が変わり、生野菜を食べることが少なくなってきたため、
ビタミンCの摂取量が不足しているのが現実!

ビタミンCは、抗酸化作用もありますから、皮膚ケアのためだけでなく、
カラダの健康維持のためにも積極的に摂取したいビタミンです。

コラーゲンをたくさん食べて、ビタミンCもしっかり補給!

お肌のためだけでなく、健康管理におすすめです。

でも、ダイエット中の方は、コラーゲンを意識しすぎて、
カロリーオーバーにならないよう気を付けてくださいね。

線維芽細胞にはたらく美容ドリンクはこちら

美容ドリンクの秘密 ー なぜ線維芽細胞なの?
お肌のハリ・ツヤ・弾力の違いは、年齢じゃなくて線維芽細胞のはたらきに秘密!? 皮膚の三大美容成分「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」をつくりだすのは、線維芽細胞だけのしごとです。 皮膚の真皮層にある線維芽細胞は、お肌の外側からだ...
人気の美容ドリンクを徹底比較!コラーゲンだけじゃない!
美容ドリンクは、配合成分とその配合量などによって、価格にもかなりの違いがあります。 価格だけで選ぶと、目的に合わないこともありますので、しっかりチェック! また、3大美肌成分「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」は、「線維...
タイトルとURLをコピーしました