ストレスは肌荒れの原因!解消のヒント

生活習慣

ストレスがたまると、お肌の調子が悪くなると言われます。

でも、ストレスって、自分ではなかなか気がつかないうちに溜まっていくので、結果的にお肌へも大きな負担になってしまいます。

逆に考えると、肌が荒れてきたり、ニキビや吹き出物が出たりしたときは、ストレスを疑ってみることも必要かもしれません。

自律神経はストレスによってバランスがくずれる

ストレスがたまってくると、カラダに大事なはたらきをしている自律神経のバランスもくずれます。

<自律神経の働き>
自律神経には、内臓、血管などの働きをコントロールし、体内の環境を整える働きがあります。
自律神経は、運動神経や知覚神経と違って、自分の意思では働かせることはできません。呼吸や消化、体温調節など、意識しなくても機能しているのは、自律神経の働きがあるからです。
自律神経には、起きているときに働く交感神経と、寝ているときやリラックスしているときに働く副交感神経があり、昼と夜の体のバランスをコントロールしています。

交感神経は、外部からのなんらかの刺激(ストレス)を受けることにより、このストレスから体を守るための指令を出します。

免疫機能も同時に働くことになりますが、長期間ストレスにさらされ続けると、副交感神経が働かず体が回復しなくなってしまいます。

その結果、自律神経のバランスがくずれることで、免疫機能が弱まるなどして、体調不良などの原因になるようです。

この不調は、肌荒れや吹き出物など、お肌のさまざまなトラブルとしてあらわれることになります。

ストレスを溜めないようにするには

ストレスを溜めないようにするには、ふだんの生活習慣を見直す必要があります。

  • 睡眠時間をしっかりとる
  • 日中しっかり体を動かす
  • ゆっくりお風呂につかる
  • ささいなことで悩まない
  • 好きな趣味でリフレッシュ
  • アロマオイルなどでリラックス
  • 相談できる友人を見つける
  • 美味しい料理を食べる など

気分転換が上手にできる人は、ストレスがたまりにくいですね。ストレスがたまりやすい人はこんな人。

こだわりが強い、神経質、競争心が強い、わがままで競争心が強い、感情を表に出さない、真面目な性格など。

肌がきれいな人は、性格もゆったりして温和な感じの方が多いように思います。

たぶん、ストレスがたまっていないのでしょう。体調不良になることも少ないはず。

お肌の健康を保つには

メイクアップで肌の不調を隠そうとしても、健康な肌が取り戻せるわけではありません。

ストレスをためない生活習慣を心がけ、夜は十分な睡眠をとることで、自律神経のバランスをしっかりととのえ、体の外からだけでなく、体の内側からもお肌に必要な栄養素を補ってあげるのがポイント!

お肌に必要な栄養素を体の内側から補ってあげれば、ターンオーバーのサイクルにあわせてお肌の調子があがっていくのを感じられるようになるでしょう。

お肌の調子があがれば、気持が前向きになって、ストレスも吹き飛びます。

美容ドリンクは、そんな期待をに応えてくれる最高のアイテムです。ぜひ、ためしてみてください。

美容ドリンクの秘密 ー なぜ線維芽細胞なの?
お肌のハリ・ツヤ・弾力の違いは、年齢じゃなくて線維芽細胞のはたらきに秘密!? 皮膚の三大美容成分「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」をつくりだすのは、線維芽細胞だけのしごとです。 皮膚の真皮層にある線維芽細胞は、お肌の外側からだ...

lamelliapremium.biyou-hint.com/biyou-drink-hikaku/

線維芽細胞にはたらく8種類の注目成分!
線維芽細胞が、三大美容成分「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」をつくりだすことがわかってから、体の内側からスキンケアをする方が増えてきました。 皮膚の外側からのケアでは、真皮層の線維芽細胞まで成分をとどけることが難しいからです...
『ラメリアプレミアム』線維芽細胞へのはたらき&口コミ!
ラメリアプレミアムは、直接お肌に塗るコスメと違って効果がわかりにくいかもしれません。アットコスメにも、まだ口コミがあがっていないようですが・・。価格が高いからかもしれません。 でも、真皮層にある線維芽細胞へのケアは、カラダの外からでは...
タイトルとURLをコピーしました